活動報告

活動報告

おもちゃの図書館

更新日:2011/02/14

Ohanaケアセンターのスタッフのうち、2名(人差し指とななママ)は「かたがみおもちゃの図書館」という移動式のボランティア活動に参加しています。音譜
おもちゃの図書館について詳しくはこちらを見ていただきたいのですが、この中には

「おもちゃ図書館」は「障害のある子ども達におもちゃの素晴らしさと遊びの楽しさを」との願いから始まったボランティア活動です。 
おもちゃ図書館がスタートした当時は、障害のある子どもとそのきょうだいのための活動でしたが、現在は障害のある子どももない子どもも、ともに遊び交流し育ちあう場となっています。そして、一人ひとりの違いを認め合い、共に生きる地域づくりをめざしています。 

子ども達は遊びの中で育ちます。おもちゃは、「遊び」を豊かにする道具です。
しかし、子ども達の中には、なかなか上手に遊ぶことができない、またおもちゃにも興味を示さない子ども達がいます。
そうした子ども達に沢山のおもちゃを用意して、気に入ったおもちゃを選んで遊ぶ場・機会を提供し、家でも楽しく遊べるよう貸出しをするのが「おもちゃ図書館」です。

と書かれています目
そして、その第一回目の開催となるのが今週、2月16日(水)飯田川保健福祉センターにて、午前10時30分~11時30分まで行われます。

誰でも利用できます。必ず保護者(保護者に代わる大人)と一緒にご利用ください。
利用料は無料です。直接開催場所へおこしください。車0歳から遊べる楽しいおもちゃがいろいろありますよラブラブ
一緒に遊びましょう。お待ちしていますチョキ  by ななママ

 


>