サービス案内

サービス案内

介護保険のサービス

様々な介護サービス(在宅サービス)・介護予防サービスのうち、訪問介護・介護予防訪問介護(ホームヘルプ)の提供を行っております。

 

訪問介護 (要介護1~5の方が利用できます)
生活機能を維持したり改善できるよう、ホームヘルパーが居宅を訪問し、食事や掃除、洗濯、買物などの身体介護や生活援助を行います。

 

介護予防訪問介護 (要支援1・2の方が利用できます)
介護が必要な状態になるのを予防し、住み慣れた地域で自立した生活ができるように、ホームヘルパーによる入浴や食事など生活の支援を行います。

 

障害者総合支援のサービス

障害福祉サービスのうち、「訪問系」サービスの、居宅介護・重度訪問介護の提供を行っております。 地域生活支援事業の移動支援をご希望の方は、ご相談下さい。

 

居宅介護 (身体・知的・精神に障害があり、在宅での日常生活に不便のある方)
自宅を訪問し、入浴、排せつ、食事の介護等を行います。

 利用料
 所得に応じた自己負担の上限月額があります。
 ただし、上限月額よりもサービスに係る費用の1割の金額の
 方が低い場合は、その金額になります。

       

重度訪問介護 (重度の肢体不自由があり常時介護を要する方)
自宅を訪問し、入浴、排せつ、食事、たんの吸引等の介護、調理、洗濯、掃除の家事、生活等に関する相談・助言など、生活全般にわたる援助や外出時における移動中の介護を総合的に行い、在宅での生活を継続できるよう支援します。 

 利用料
 所得に応じた自己負担の上限月額があります。
 ただし、上限月額よりもサービスに係る費用の1割の金額の
 方が低い場合は、その金額になります。                                         

 

 

 

こんなとき医療的ケア

●呼吸
咳をして痰を出す力が弱かったり、唾液を飲み込む力が弱いと、分泌物が喉(のど)にたまって息苦しくなります。そのため、器械で吸引して取り除きます。

●食事
口から食べて飲み込む機能が弱いと、飲み込む時に気管に食物が入り、肺炎になるおそれがあります。  
そのためチューブから、胃や腸に食物(栄養)を安全に送ります。

●排泄
自分の力でおしっこや便を出せない時に、個別の状況に応じてお手伝いします。

 

お役立てください(貸出もいたします)

吸引シュミレーターQちゃん
たん吸引のシュミレーターです。口鼻腔内吸引・気管内吸引の修得ができます。シュミレーターの断面が透明になっているので、内部のカテーテル挿入の様子を確認しながらシュミレーションできます。

110512_090815

 

●持続口腔内吸引器
国立療養所犀潟病院で考案され、北海道難病連やALS協会で組み立てて対応していた「観賞魚用エアポンプ」を改造した吸引器を製品化したものです。持続的に口腔内を吸引できるという優れものです。
製品についてのお問い合わせ
シースターメディカルマーケット」電話:03-6711-5511
※Ohanaをご利用くださっている方には貸出いたします。

daekikyuuin

 

●持続注入キャリカポンプ入れ「リュック」
ポンプと栄養剤が入った袋をリュックに入れて、携帯することができます。見た目にも注入中とあまり感じさせず、又携帯にも便利です。
※Ohanaをご利用くださっている方には貸出いたします。(ポンプは含みません)

po tyu2 ryukku

 

●夜間持続注入のアイデア用品
冬の夜間持続注入が必要な方のアイデア用品です。
栄養剤が冷たくなるので、中間のチューブを赤ちゃん用のおしり拭きを温める機械を使って温めています。
これで、ホッペやお腹が冷たくなることはありません!

yakanjizoku

 

●注入用の便利フック
外出時の注入の際、フックを持ち歩いてどこかに引っ掛けて注入すると思います。その時に一番困るのがフックの高さだと思います。高すぎる時などには、絵画などをかけるピクチャーレールの「ワイヤー自在」という商品が役に立つかもしれませんよ。長さが自在につくれる上に持ち運びもコンパクトですので、一つ用意しておいてもいいかもしれませんね。

 

●視線で全てを操作する「マイトビー」
マイトビーP10 とは、『目(視線)』を使って文字を書いて読み上げたり、Eメールを送ったりと様々な機能を、ただ画面を見るだけで操作が可能な、視線入力による意思伝達装置です。
詳しくは「トビー・テクノロジージャパン株式会社
電話:03-5793-3316

MyTobii

 

●ハイハイの練習
グレン・ドーマン(著)「親こそ最良の医師」
この本の中にある、ハイハイの練習用の滑り台のご紹介です。
手や足を少し動かすと前に進む程度の傾斜に設定し、徐々に傾斜を緩やかにしてハイハイの練習になるというものです。

su1 su2


>